「2015年9月」の記事一覧

1から分かるノーマネー

最終的には、第二種(第一種業者とは取り扱い内容が異なる)金融商品取引業者がファンド(投資信託などの形態で、投資家から 委託を受けた資金の運用を投資顧問会社等の機関投資家が代行する金融商品)を作って、それを適切に運営していくためには、想像できないほど本当に多さの「やるべきこと」それと、「やってはいけないこと」が定められているのである。重い言葉「銀行の運営、それはその銀行に信頼があって順調に進む、もしくは融資するほど値打ちがない銀行だと見立てられたことで失敗する。

アルファギークはモビットの夢を見るか

今はタンス預金なのか?物価が上昇している(いわゆるインフレと呼ばれる)局面では、インフレの分現金はお金としての価値が下がるので、すぐには暮らしに準備しておく必要のない資金であるなら、安全性に信頼がおけ、少しでも金利が付く商品にした方がよいだろう。一般的なケースでは、つまらない違反がずいぶんとあり、それによる効果で、「重大な違反」判定するものなのです。

日本円にメリハリ

「はやぶさ」の無事帰還が話題になった平成22年9月14日、日本振興銀行が破綻(倒産)する。ポイント⇒為替手数料はFX会社と銀行で大きく異なる。

心躍るキャッシング

FX⇒リスクは高いが外国の通貨を売買することで利益を出す比較的はじめやすい取引である。円に不安を感じているのか、外貨を現金で保有する動きもある。

人に教えたくないおまとめローン

為替手数料はFX会社と銀行で大きく異なるので気をつけよう。始めるには証券会社やFX会社で購入してみよう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ